おしごとはくぶつかん

おしごと文庫«第10回»

おしごと文庫 第10回

しごとについての質問

どうして仕事によって給料が違うの?

(12歳・男子)

答えてくれる人
土井どい 英司えいじ さん
アマゾンの日本サイト立ち上げにも参画した本の目利き。書評家。出版コンサルティング会社・エリエス・ブック・コンサルティング社長。世界700万部『人生がときめく片づけの魔法』のプロデューサーでもある。
交渉力の3大要素は、「情報」「時間」「力」だ!

いままでいただいた中で、一番鋭い質問ですね。君はきっと将来良い起業家になると思います。給料は、「交渉力」と「売り込む力」で決まります。

今回は、この「交渉力」と「売り込む力」について教えてくれる2冊をご紹介しましょう。

1冊目は、交渉術をCIAやFBIの人たちに教えている交渉のプロ、ハーブ・コーエンさんの『FBIアカデミーで教える心理交渉術』。本書の冒頭で書かれている賢い冷蔵庫の買い方を読めば、交渉力の本質を知ることができるでしょう。

本書によれば、交渉力の3大要素は、「情報」「時間」「力」。交渉では情報を持っている方が勝つし、時間制限がある方が負けるし、力のある方が勝つ。

先生が偉いのは答えを知っているからだし、夏休みの最終日に親にゲームをやらせてもらえないのは、君が締め切りギリギリに宿題をやっているからだし、いじめっこに逆らえないのは、相手に力があると「思い込んでいる」からです。力の真実を知れば、世の中はまるで違って見えるんですよ。

  • 『FBIアカデミーで教える心理交渉術 どこでも使える究極の技法』

    著者:
    ハーブ・コーエン
    訳者:
    川勝 久
    出版社:
    日本経済新聞出版社
    価格:
    1500円(税別)
No.1コピーライターだったイギリス男性の「売り文句」は圧巻

2冊目は、世界一売り込むのがうまかった男の評伝『デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男』。

オグルヴィは当時No.1のコピーライターで、世界トップクラスの広告代理店を作った男。ちなみに彼が卒業したフェテス校はハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校のモデルになったところですし、彼が働いた英国諜報部のボスだったウィリアム・スティーブンソンは『007』のモデルになったと言われています。

魅力的な生き方と、彼がつづった魅力的な「売り文句」が読める本です。本書の冒頭でオグルヴィはこう言っています。

「自分さえ宣伝できないようじゃ、他のものを宣伝できるはずがないだろう?」

  • 『デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男』

    著者:
    ケネス・ローマン
    訳者:
    山内あゆ子
    出版社:
    海と月社
    価格:
    2000円(税別)
一覧へ戻る