おしごとはくぶつかん

現在しごと中 あの人は何をしているの?«第20回»

あの人は何をしているの?

(第20回)

南極なんきょく観測隊かんそくたい野外やがい観測かんそく支援しえん担当たんとう隊員たいいん

南極は、地球上で人の手が加わっていない唯一の大陸だ。日本やイギリスなど30カ国以上の観測基地があり、日本も「昭和基地」を中心に活動を行っている。派遣される南極観測隊は、さまざまな分野のエキスパートが集められている。写真は、その中の野外観測支援担当隊員が、他の隊員に海氷行動の注意・安全について講習をしている1枚だ。

(写真提供/国立極地研究所)

氷の下は冷たく深い海。野外活動の安全をサポート

南極観測隊は、オーロラの観測、ペンギンやアザラシなどの生態調査のほか、気象、大気、雪や氷、地震、地磁気、岩石、海洋など、多くの観測や研究を行っています。

現在(2018年)、第59次南極地域観測隊(越冬隊)32名(うち女性1名)は、以下のような人で構成されています。
・隊長
・観測系隊員:気象庁職員、研究者、技術者
・設営系隊員:機械・設備、通信、調理、医療、環境保全、衛星受信、LAN・インテルサット、建築・土木、野外観測支援担当、庶務

足元は一面氷に覆われており、昭和基地のある東オングル島と南極大陸の間は水深600mの凍った海。氷が割れて海に落ちれば助かりません。そこで、専用器具で氷の厚さやクラックの有無を調べ、GPSやコンパスで場所を記録し、測定地点に旗ざおを立て、「ルートマップ」を作成します。観測隊員が野外に出かける際は、みんなの先頭に立ってルートをたどって移動します。

南極には、ブリザード(雪嵐)、極低温、海氷の割れ目(クラック)、氷河の割れ目(クレバス)など、たくさんの危険が潜んでいます。野外観測支援担当隊員は、野外での観測や設営の作業をする際に、隊員の安全を守りつつ目的の作業を達成するためのサポートをすることが仕事です。

他の隊員に対して、野外でのリスクを避けるために知識や技術の講習・訓練を行い、事故に備えて救助技術を伝えるなど、安全教育をすることも大切な仕事です。

南極には、長くて14カ月滞在します。外の世界と隔絶した環境で、限られた人たちと過ごしているとストレスがかかることも。ひとりの時間を持ったり、バーでお酒を飲みながら隊員と語り合ったりして、リラックスすることを心がけているそうです。

どうしたら野外観測支援担当隊員になれるの?

募集は毎年行われています。本格的な登山経験(国内の厳冬期、海外の高峰など)並びに救助、登山装備の知識が十分にあり、現在も登山ガイドの業務に従事するなど、野外での行動に精通していること、安全教育・講習ができることなどが条件です。

協力/ 国立極地研究所
取材・文/内藤綾子

現在しごと中 あの人は何をしているの?記事一覧きじいちらん

一覧へ戻る