おしごとはくぶつかん

これまでの人気企画にんききかく記録きろく イベントアーカイブズ «第10回»

大山乳業農業協同組合おおやまにゅうぎょうのうぎょうきょうどうくみあい 牛乳月間ぎゅうにゅうげっかん特別とくべつイベント「バターつく体験たいけん

6月の牛乳月間に合わせたイベント チラシ
6月の牛乳月間に合わせたイベント チラシ
開催日時
  • 2016年6月4日(土)
企画展の概要を教えてください。

6月1日は「牛乳の日」、そして6月は「牛乳月間」です。普段学校給食で牛乳を飲んでいる小学生の親子を対象に、もっと牛乳のことを知ってもらおうと、6月牛乳月間の特別イベントとして「牛乳のお話」や大山乳業の生クリームを使った「バター作り体験」を実施しました。

「牛乳のお話」を聞く子どもたち
「牛乳のお話」を聞く子どもたち

6月1日は「牛乳の日」、そして6月は「牛乳月間」です。普段学校給食で牛乳を飲んでいる小学生の親子を対象に、もっと牛乳のことを知ってもらおうと、6月牛乳月間の特別イベントとして「牛乳のお話」や大山乳業の生クリームを使った「バター作り体験」を実施しました。

見どころはどういったところでしたでしょうか?

牛乳を出してくれる牛の秘密や豆知識、牛乳クイズ、生クリームの入った容器をひたすらシェイクして作るバター作り体験、そして自分で作ったバターの試食など、通常の工場見学では体験できない、牛乳月間ならではの特別なイベントとなりました。

手作りバター試食のようす
手作りバター試食のようす

牛乳を出してくれる牛の秘密や豆知識、牛乳クイズ、生クリームの入った容器をひたすらシェイクして作るバター作り体験、そして自分で作ったバターの試食など、通常の工場見学では体験できない、牛乳月間ならではの特別なイベントとなりました。

この企画展は、どういったきっかけで特別展示されたのでしょうか?

6月は「牛乳月間」という事もあり、もっと牛乳のことを知ってもらい、もっとたくさん牛乳を飲んでもらえるように、と企画しました。小学生の方にわかりやすく説明できるような資料を作ったり、手作りバターをよりおいしく召し上がっていただくために、クラッカーや数種類の塩を準備したりと、とにかく準備に時間をかけました。

来場の子どもや大人からは、どういった反応がありましたでしょうか?

参加された方からは「本物の牛のサイズがわかるタペストリーに驚いた」「手作りバターがおいしかった」「家でも作ってみたい」といった声が聞かれました。

一覧へ戻る