おしごとはくぶつかん

これまでの人気企画にんききかく記録きろく イベントアーカイブズ «第5回»

ディスカバリーパーク焼津やいづ 天文科学館てんもんかがくかん 脱出だっしゅつ!ブラック博士はかせのひみつ研究所けんきゅうじょ

開催日時
  • 2016年9月13日(火)~12月4日(日)
企画展の概要を教えてください。

ブラック博士のひみつ研究所からの脱出をめざす「体験展示」と「謎解き」を組み合わせた企画展です。脱出するためには、風力発電・空気砲・金属探知機などの20の科学体験に挑戦して、ブラック博士の謎を解き明かさなければなりません。参加者は、博士の残したメモを頼りに、頭と体の両方を使って脱出に挑戦していきます。体験展示も謎解きも楽しめる科学館オリジナルの体験型脱出ゲームです。

見どころはどういったところでしたでしょうか?

ストーリーに沿って進めていくところです。研究所からは、ブラック博士が発明したものが何なのかを解明しなければ脱出できません。そのため、参加者は自らが主人公となって、研究所からの脱出に挑戦します。体験展示に挑戦すると、少しずつ謎の答えが解明されていくため、参加者はストーリーに沿って楽しみながら挑戦することができます。

風力発電の謎(うちわで風車を回す様子)
風力発電の謎(うちわで風車を回す様子)

ストーリーに沿って進めていくところです。研究所からは、ブラック博士が発明したものが何なのかを解明しなければ脱出できません。そのため、参加者は自らが主人公となって、研究所からの脱出に挑戦します。体験展示に挑戦すると、少しずつ謎の答えが解明されていくため、参加者はストーリーに沿って楽しみながら挑戦することができます。

この企画展は、どういったきっかけで特別展示されたのでしょうか?

「科学は難しい」という偏見のある方が大勢いると感じたため、ゲーム感覚で楽しんで科学体験ができる企画をつくりたいと思い製作しました。参加者が謎解きを楽しんで進めながら、自然と科学体験に触れることができる仕掛けを取り入れました。開催にあたり、「謎」と「科学体験」の関連づけが特に大変でした。謎解きの形式に合う科学体験の選定・製作に苦労しましたが、展示企画を違った角度から考える貴重な経験となりました。

脱出の部屋(パスワードを入力して脱出に挑戦する部屋)
脱出の部屋(パスワードを入力して脱出に挑戦する部屋)

「科学は難しい」という偏見のある方が大勢いると感じたため、ゲーム感覚で楽しんで科学体験ができる企画をつくりたいと思い製作しました。参加者が謎解きを楽しんで進めながら、自然と科学体験に触れることができる仕掛けを取り入れました。開催にあたり、「謎」と「科学体験」の関連づけが特に大変でした。謎解きの形式に合う科学体験の選定・製作に苦労しましたが、展示企画を違った角度から考える貴重な経験となりました。

来場の子どもや大人からは、どういった反応がありましたでしょうか?

小学生や親子連れを中心に、楽しんで謎解き・科学体験に挑戦する姿が見受けられました。また、小・中学校の団体では班で協力しながら脱出をめざすグループ活動が好評でした。

一覧へ戻る